別居について

MENU

別居

別居

 

別居というのは、基本として同一の場所で暮らしている者が何かしらの事由によって生活拠点を分けている状態です。

 

ただ別々に暮らしていれば良い、と言うほど簡単なものではありません。

 

原因を突き止め、解決できるなら別居を解消して元の生活に戻る可能性もあります。

 

別居する際には、どちらが現在の住居を出て行くかというのも大きな問題です。

 

その判断は他人に委ねるのではなく、当事者にしか分からないものです。

 

なので、実際に別居するとなると今住んでいるところとは違う住処を用意しなければなりません。

 

この時にかかる費用は、基本的にそれまでの生活環境と同一である事が要求されます。

 

たとえ別居中でも、生活費を用意しなければ扶養の義務に反する事になります。

 

ただし、この場合は長期の別居には向かずせいぜい数日程度でしょう。

 

通常、別居となるような状況を想定している事はないと思われます。

 

当然ながら離婚というのは最終手段であり、できる限り避けたいです。

 

しかし今のまま生活を続けていけば離婚の可能性が高くなる、という危険性を感じた時に別居を選択する事があります。

別居の期間

夫婦関係の悪化から全ての別居が発生している訳ではなく、やむを得ずという可能性も考慮する必要があります。

 

その問題を前向きに検討して解決を目指そうとして別居する、という事があります。

 

自分としては別居を離婚の前提に考えていないと思っていても、周囲からはそう判断されないかもしれません。

 

別居して生活拠点が異なっていても夫婦に違いはなく、それに伴う権利も当然ながら消滅する事はありません。

 

なので、妻が出ていったけど生活費は払わない、なんて事は認められないのです。

 

別居している以上、それだけ余計な出費も増える事になるので出来れば避けたい状況なのです。

 

或いは、既に解決不能の問題として離婚という現実的な問題に直面して別居する事もあるでしょう。

 

ただ、この時には別居状態を常と考えて生活を組み立てていく必要が出てきます。

 

別居を決意すると言うことは、それなりに問題を抱えているのでしょう。

 

その場合には、期間が長くなっている事も珍しくないのです。

 

ただ、単に別居期間が長くなってきたから夫婦関係の修復が不可能と言い切ることは出来ません。

 

たとえば子供と一緒に元々の家を出て別居している場合には、転校の手続きや住民票登録の変更なんかが必要になるのです。

 

別居する経緯は色々ありますが、共通して言える事が幾つかあります。

 

別居を離婚前提のものとして捉えられる場合には、その前に考えておきたい事が幾つかあります。

 

別居の期間が長くなれば、当然それだけかかる費用も多くなってきます。

 

特に自分が別居の原因となるものを作っている場合には、離婚する意思がないのであれば注意する必要があります。

 

そのまま別居期間が長くなると、婚姻破綻という判断がされやすくなります。

 

元々、かなり特殊な状態なので仕方がない話ではあるでしょう。

関連ページ

別居中の浮気の扱われ方
元警視庁刑事25年の経験と実績の探偵事務所、アビリティオフィス町田です。【浮気調査は1日5時間43,200円から行えます】当社は、平成12年6月から相模原市と町田市の中心にある現在の事務所で17年以上〜、調査活動を行っています。長年の調査実績で紹介も多い探偵事務所です。
別居の理由
元警視庁刑事25年の経験と実績の探偵事務所、アビリティオフィス町田です。【浮気調査は1日5時間43,200円から行えます】当社は、平成12年6月から相模原市と町田市の中心にある現在の事務所で17年以上〜、調査活動を行っています。長年の調査実績で紹介も多い探偵事務所です。
別居中の生活費
別居中の生活費について詳しく説明しています。
新婚と別居
別居する事で、どんな事が想定できるか詳しく説明しています。
扶養家族と別居
扶養家族との別居について説明しています。
別居と子供
別居と子供するとどのような問題が生じるかを説明しています。
家庭内別居
ここでは、家庭内別居について詳しく説明しています。