別居の理由

MENU

別居の理由

別居

 

実際に、最初はその気がなかったとしても別居を続けていると婚姻関係の破綻と解釈され離婚へと繋がる事があります。

 

新たに家賃を必要とすれば、より家計を圧迫することになります。

 

別居は離婚の一歩手前だと、言い換える事が出来るかもしれませんね。

 

扶養の義務というものにより、夫が主に稼いでいる場合は別居中だろうと妻の生活費を用意する義務があるのです。

 

別居しているんだから妻に生活費を渡す必要はないだろう、なんて理屈は通用しません。

 

法律的に二人は夫婦のままです。

 

なので、特に理由もなく別居しているというのは何か後ろ暗いものを疑う余地があります。

 

基本的に夫婦は一緒に生活している事を要求され、この約束が破棄された状態を別居と言います。

 

と言っても全ての別居において義務が生じる訳ではなく、これは別居の理由と深く関係してくる話です。

 

今までの生活費がキッチリ二分割されるような事はないため、ほとんどの別居において経済的負担は今まで以上のものとなるでしょう。

 

色々なケースがあって婚姻関係を修復する事もあるので、詳しくは、弁護士に相談した方が良いでしょう。

 

悪い事ばかりではなく、一度冷静になる期間と考えれば必要な期間です。

 

一つの区切りとして婚姻関係の修復を狙っているなら、何らかの行動を起こす必要があるでしょう。

 

特に不貞行為から夫婦仲が冷え込んで別居となった場合には、放っておくと相手は戻ってこなくなる可能性が高いです。

 

実際に離婚をすると考えていても、無駄に別居期間が長くなるのは避けたいです。

 

それこそ、余計な出費と言えるのではないでしょうか。

 

そこまでして別居するかどうかで、踏み止まる夫婦もありそうです。

別居で関係修復

別居するかどうかの話題が持ち上がっている時は、片方ないし双方が熱くなっていると思われます。

 

確かに、本来であれば一つ屋根の下に暮らしているはずの夫婦が別居しているのですから心中穏やかではないでしょう。

 

ただ、別居の全てがネガティブに語られる訳ではありません。

 

しかし、ケンカをして離婚の危機なら頭を冷やす意味で敢えて別居を選択する事もあるのではないでしょうか。

 

一緒に住んでいるはずの夫婦が、それぞれ異なる場所に住んでるのですから当然です。

 

別居に至る理由としては、やはり浮気や不倫といったものが上位にくるでしょうか。

 

別居から離婚を目指していくのではなく、婚姻関係の修復を目指していくのです。

 

感情的になる理由は、ケースによって色々あるのでしょう。

 

何にしても、別居を選択しつつ婚姻関係の修復を目指すのであれば積極的な行動が求められます。

 

その場合には破綻しかけた婚姻関係を修復するチャンスがありますが、一方で別居によって離婚へ加速していくとも捉えられます。

 

その間に婚姻関係は本当に破綻してしまい、修復不可能なところまで進んでしまいます。

 

ただ、別居に至る過程がそこまで重いものだとしたら離婚を視野に入れた行動も想定しておく必要があるでしょう。

 

別居というのは、ある程度継続していけば婚姻関係が破綻したことを証明する材料となります。

 

もちろん有責は不貞行為をした方にあるのですが、ただ闇雲にそれを責め立てても別居からの関係修復は不可能に近いでしょう。

 

最悪のケースは相手が開き直ってしまう事で、こうなると別居から離婚は秒読みとなります。

 

別居中にただ相手が落ち着いて考え直すのを待っているだけでは、到底修復など出来ません。

関連ページ

別居について
別居するに当たってどのような問題が起こるか説明しています。
別居中の浮気の扱われ方
元警視庁刑事25年の経験と実績の探偵事務所、アビリティオフィス町田です。【浮気調査は1日5時間43,200円から行えます】当社は、平成12年6月から相模原市と町田市の中心にある現在の事務所で17年以上〜、調査活動を行っています。長年の調査実績で紹介も多い探偵事務所です。
別居中の生活費
別居中の生活費について詳しく説明しています。
新婚と別居
別居する事で、どんな事が想定できるか詳しく説明しています。
扶養家族と別居
扶養家族との別居について説明しています。
別居と子供
別居と子供するとどのような問題が生じるかを説明しています。
家庭内別居
ここでは、家庭内別居について詳しく説明しています。