財産分与

MENU

財産分与

財産分与は、離婚などによって夫婦で築いた共有財産などを分割することを意味します。

 

どの程度の金額で分割するのかはそれぞれのケースで大きく異なり、夫婦生活の中でどれだけ貢献度があったのかなどを参考に行われます。

 

この時に大切になるポイントは3つあります。

 

まず、清算的財産分与と呼ばれているものです。

 

これは、夫婦で共有管理してきた財産を貢献度に応じて公平に分割しようとする試みです。

 

こうすることで、離婚後に金銭面でトラブルを発生することができます。

 

また、扶養的財産分与という考え方も大切です。

 

これは、離婚を行うことによって片方の生計が困難になった場合などを考慮するものです。

 

文字通り、扶養を目的として財産が支払われることになります。

 

そして、3つ目が慰謝料的財産分与です。

 

元々、慰謝料は精神的な損失を賠償するために考えられるお金であるため、財産分与を行う時にも慰謝料と共有財産の考え方は分けて考える必要があります。

 

一般的には、離婚を行う原因となった人物に対して請求されるものであるため、本当に原因となる行動をしていた時には財産分与にプラスしてより大きな金銭を要求できます。

 

このように、3つの財産のあり方を基本に考えていくことになります。