親権

MENU

親権

離婚をする際に、よく問題になるのが「親権」です。

 

「親権」とは未成年の子どもを育て、財産を管理し法律行為を行う事が出来る権利の事を指します。

 

その内容は、まず財産管理権があげられます。これは子どもの財産の管理を意味しています。

 

加えて存在するのが、身上監護権です。こちらはいわゆる親の権利とされているもので、居住や懲戒などを決定する権利が認められます。

 

身上監護権については、「監護権」とも言われています。

 

あくまで「親権」の中のひとつの権利ですが、親が子どもを実質的に養育したり教育・世話をする権利は監護権に相当します。

 

「親権」となった者でも、複雑な事情などから未成年の子どもを養育できないというケースが存在するのです。

 

その場合は、例外的ではありますが「親権」と「監護権」が別々に認められるという事になります。

 

離婚の際には慰謝料等、様々な事を決める必要があります。

 

ですが、この「親権」だけは必ず決定しなければ離婚する事が出来ません。

 

親権者が記載されていない離婚届は、役所で不受理となります。

 

そのため話が複雑化したり、トラブルが長引くケースがしばしばみられるのです。

 

話し合いで決定しない場合は、調停・審判・訴訟にまで長引く事があります。