協議離婚の手順

MENU

協議離婚の手順

協議離婚の他に調停離婚と裁判離婚があり、おのおの段階的なものと考えていれば問題ないでしょう。

 

協議離婚の一連の流れに是非とも含めたいものが公証人と称される存在で、役割は公正証書を作成してもらいます。

 

夫婦間の話し合いによって結論を導きだすものなので、それなりには負担の少ない方法だと言えます。

 

第三者が介入する調停離婚や裁判離婚は、どうしても負荷が加わってしまいます。

 

もちろん最適な手段は、協議離婚も必要とすることなく夫婦関係が維持される事です。

 

しかし大抵の場合は、裁判離婚まで発展する事はなく殆ど協議離婚で解決するようです。

 

協議離婚の手順は至って簡単で、とりわけ第三者が間に入って何か顔を突っ込むという事がありません。

 

離婚が原因でかなりの労力を費やすことに繋がるため、可能であるなら協議離婚で終わらせたい。

 

二人で結論づけた離婚といっても、話し合いをして決めただけでは法的な効力を持たず協議離婚後のトラブルは明らかです。

 

そのトラブルを回避することに必要なのが、協議離婚の一連の流れに欠かせない公証人という存在です。

 

まず協議離婚を試みて、結論が出ない場合は調停離婚にシフトされて最後に裁判離婚という流れです。

 

協議離婚はあくまでも二人の同意の上に確約を決めるので、手順が簡単でも妥協することは出来ないのです。

 

離婚自体は離婚届に署名をして印鑑を押して役所に提供すれば終了ですが、それは協議離婚とは言いません。

 

もちろん協議離婚の手順に従って、少しずつ条件を消化していっても途中で気が変わって離婚そのものを解消する事もあります。

 

離婚しないという考えは、状況によりますが多くの場合はベストな結論です。

関連ページ

失敗しない協議離婚
協議離婚について、失敗しない方法の詳細を説明しています。
協議離婚と裁判所
協議離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の手続き
協議離婚の手続きで知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と弁護士
協議離婚に関する内容で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と子供
協議離婚と子供の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚と調停離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の証人
協議離婚の証人の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と和解
協議離婚と和解について知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の無効確認
協議離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。