協議離婚と裁判所

MENU

協議離婚と裁判所

特別な事情がない限り、離婚が望まれるような事はありません。

 

しかし場合によっては、協議離婚を考えるという事は最小限離婚に対して良い方向性ということになります。

 

協議離婚は複数ある離婚手段の中で、一番基本的だと言ってもいいものでとりわけ複雑な事はありません。

 

裁判所に顔を出したり誰かを間に立たせて協議したりという事はなく、あくまでも協議離婚は夫婦二人の話し合いによって実施されます。

 

協議離婚の段階で離婚へ向けた話し合いが成立した場合、家庭裁判所や調停などは必要ありません。

 

もし協議離婚が不成立な場合には、調停離婚や裁判離婚に向かう上で行動が早くなります。

 

協議離婚での話し合いで双方の同意が得られない場合には、どちらか家庭裁判所に離婚調停を申し込みます。

 

家庭裁判所に土俵は移行しますが、裁判形式で行われるというわけではありません。

 

そういう状況になった場合、家庭裁判所で何をするのも把握しておくのが賢明でしょう。

 

公正証書を作成する時に離婚協議書も一緒に作成しておくと協議離婚がスムーズに行われます。

 

そのままだと協議離婚に意味がなくなってしまうため、大抵の場合は離婚協議書や公正証書も用意するものです。

 

協議離婚を成立させるだけなら、離婚届以外に必要となるものはありません。

 

ただ実際的には離婚協議書などを用意します。

 

協議離婚する場合、なるべく早めに色々と準備を進めておきましょう。

 

裁判所が出向くのは、あくまで協議離婚に失敗した場合のみです。

 

もしも、この段階で話し合いがまとまらなかった場合には、協議離婚から調停離婚へと移行していく事になります。

関連ページ

協失敗しない協議離婚
協議離婚について、失敗しない方法の詳細を説明しています。
協議離婚の手順
協議離婚の手順で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の手続き
協議離婚の手続きで知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と弁護士
協議離婚に関する内容で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と子供
協議離婚と子供の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と調停離婚
協議離婚と調停離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の証人
協議離婚の証人の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と和解
協議離婚と和解について知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の無効確認
協議離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。