協議離婚

MENU

協議離婚と調停離婚

協議離婚というのは、その名が示す通り協議して離婚へと向かいます。

 

スムーズで問題ないように思われますが、協議離婚には深刻な問題があります。

 

それは協議した内容を公的文書として記録して残さなければ「法的効力」を保持していない協議離婚となります。

 

もちろん確約が守れれていれば問題ありません。

 

しかし、協議離婚で決めた事が有耶無耶だと後々トラブルを引き起こします。

 

トラブルを起こさないためにも、協議離婚の内容は必ずを離婚協議書にし「公正証書」にしておく重要性が出てきます。

 

日本では、離婚の大半が協議離婚なので、耳にしたことはあるでしょう。

 

調停離婚は協議離婚と異なります。二人だけで問題を解決できる訳にはいきません。

 

協議離婚で離婚に関する内容が定まらない場合、調停離婚へと移行します。

 

この場合は家庭裁判所に出向き、それ以降は調停離婚は裁判所に移行します。

 

協議離婚が推奨される理由は、余計な手間がかからないということです。

 

協議離婚で決めた内容を離婚協議書にまとめておくものです。

 

金銭の事など条件を定め、離婚届を提出して離婚が成立します。

 

協議する際に当事者以外は誰も介入しないのが協議離婚の特徴です。

 

協議離婚は簡単な話し合いですが、調停離婚は調停委員会を開いて話し合うので少し大げさになってしまいます。

関連ページ

協失敗しない協議離婚
協議離婚について、失敗しない方法の詳細を説明しています。
協議離婚の手順
協議離婚の手順で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と裁判所
協議離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の手続き
協議離婚の手続きで知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と弁護士
協議離婚に関する内容で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と子供
協議離婚と子供の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の証人
協議離婚の証人の問題で知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚と和解
協議離婚と和解について知っておきたい事項をまとめています。
協議離婚の無効確認
協議離婚の問題で知っておきたい事項をまとめています。