盗聴は犯罪?

MENU

盗聴は犯罪?

盗聴器が仕掛けられ会話の内容を他者が会話を聞く事は否が応でも犯罪であると認識される事例が多いですが、実際には一方的に会話の内容を盗聴する事は犯罪ではありません。

 

その理由は、今日の法律においては電波を得て他人の会話を盗聴するという行為を取り締まるための法整備が整えられていない様子が関係しており、盗聴自体が犯罪ではないという事は当然の事ながら機器を購入する事も無問題です。

 

犯罪には当たらないとしても、知らず知らずのうちに他者に会話が聞かれてしまっている恐れがある事が気がかりであるのなら、簡単な方法で自宅などに機器が仕掛けられていないか確かめてみましょう。

 

使用される電波には複数の種類が存在しますが、特に多く使用されているFMの電波はFMラジオを楽しむ事ができるラジオがあれば発見に繋げられます。

 

探す際に準備すべき物はFM放送が楽しめるラジオと、テレビなどの持続的に音が発し続ける物です。

 

テレビなどから音を出しつつ手にしたラジオでFMの周波数を調整するダイヤルをゆっくりと操作していくと、盗聴器が仕掛けられている事例では手にしたラジオから室内で流しているテレビの音が聞こえてきます。

 

その後、コンセントを中心として声を出したりハウリングを用いながら部屋の隅々まで調査し特定に努めましょう。

関連ページ

盗聴・盗撮発見調査
相模原市での浮気調査や不倫調査なら相模原市の探偵社 アビリティオフィス町田にお任せください。警視庁25年のノウハウで徹底的に証拠や悩みを解決します。
家の中に不審者が入るか確認する方法
家の中に不審者が入るか確認する方法を紹介しています。よく不審者が家に入っているような気がすると相談されます。簡単にチェックする方法がありますので、試してみてください。